浮気調査を失敗しないための準備をする

浮気調査を失敗しないための準備とは

女性の浮気は、男性よりも巧妙に隠されていて見破るのが難しいといった認識が強いですが、実際に浮気調査で女性の浮気を調べる探偵にとって男性も女性も、浮気の証拠を見つけることが出来る確率というのは、ほぼ違いはないようです。

違いがあるとしたら、調査にかかるまでの事前準備が出来ているかどうかです。
この事前準備をきちんと行うことが出来れば、浮気調査が失敗するリスクを少なくすることが出来ます。
では、事前準備について、依頼者側と探偵側で注意することをそれぞれいくつかあげてみましょう。

【依頼者の場合】
・調査対象者の日常の行動をどれぐらい把握しているか?
・出先(対象者が仕事を終える時間)から家に戻ってくるまでの交通手段などを知っているか?
・休日の過ごし方について把握しているか?

以上の3つが大まかな事前準備として知っておいたほうがいいことだと思います。
メールなど、浮気を感じさせる物証などは必要ないのか?と疑問に思う人もいますが、できる限り、調査は自分ではしないほうがいいでしょう。
なぜなら、調査を自分でしている段階で気づかれてしまうと、たとえ浮気調査を探偵に依頼したとしても調査がうまくいくとは保障出来ないからです。


【探偵側の準備】
・調査時間を絞りこむことができるか?
・浮気の証拠は裁判でも通用する証拠が集められるか?
・途中のキャンセルや失敗した場合の対処について。

探偵が準備するというのではなく、探偵へ浮気調査の依頼をする場合にどのような部分に注意をするのかといった事を知っておく、または確認するのが事前準備になります。
調査時間を絞ることが出来れば、全体の調査を短くすることが出来るだけでなく、無駄な調査をする回数も少なくなるので、料金を抑えることが出来ます。
また、浮気調査を行った場合、どのような証拠を探偵が取ってきてくれるのか?その証拠は裁判にも利用が出来るものか?といった事を確認するため、裁判に利用出来る証拠がどういったものか、また、依頼をする探偵に見本の証拠等を確認する事です。
最後の、途中キャンセルや失敗した場合の対処ですが、契約書に記載されていますし、口頭でも説明を受けるかもしれませんが、一度依頼者が確認をすることで、後々のトラブルを回避することが出来ます。